駆除技術の進化

駆除製品の使い勝手の変遷

衛生面で繁殖を繰り返す害虫に対し、これまで個人で行う害虫駆除としては害虫の行動範囲内に置くだけの毒餌法や粘着法による駆除が一般的でしたが、見た目に害虫の侵入が分かることから虫を苦手とする方々に不向きとなる駆除法です。しかし、近年では隠れた害虫も逃すことなく退治することを可能とした駆除剤が提案される製品の変遷があり、行動範囲が分からない場合にも空間全体に薬剤を拡散させる駆除法により、虫を苦手とする方にも利用可能となっています。さらにこれまでの薬剤と異なり、よりニーズにあわせた技術を提供しており、ミクロの霧が空間全体に広がるために煙も熱も発生せず、駆除後の嫌なニオイが残らない製品開発へと変遷されています。使い勝手や処理の手軽さもあり、近年では害虫駆除業者に依頼せずとも個人で簡単に退治が可能になっています。

製品提供だけではないメーカーの役割

個人でも害虫駆除を簡単に行える製品が豊富に増えている中、今後、業者との格差を図るためのメーカー側の動向として役割に変化を付けることが挙げられています。害虫の生態をはじめ、提供する製品の駆除剤の研究に携わっている開発担当者の知識や技術を情報として広めるため、アドバイザーとして悩みや疑問、相談に対応するサービスを提供することに努める動きがスタートしています。害虫駆除に特化した製品を使うことだけではなく、害虫は年間を通して繁殖を繰り返すために早めの対策が必要で、活動時期に合わせた駆除スケジュールを立てるサポート役に努める動きが高まっています。害虫駆除のエキスパートによる計画的な対策と駆除法をアドバイスすることにより、費用を掛けずに業者との格差をアピールする動向が早くも話題を集めています。