対策を考える

シロアリ駆除の豆知識

シロアリは外部から侵入する場合と、地中から侵入する場合があるため、シロアリを発見したら、原因を突き止め問題を解決する必要があります。廊下にシロアリが歩いていたり、住宅周辺にアリの巣を多数発見した場合は、シロアリが発生している可能性が高くなっています。シロアリは湿気の多い場所を好み、ジメジメした暗い場所は大好物のため、シロアリ駆除は環境改善も重要となります。特殊な薬剤を散布したら、通気性をアップし常に風を送る事が大切であり、湿気を吸湿する事も大切な作業です。そうする事でシロアリを完全に駆除できるため、一度の施工で効果を発揮するためにも、正しい方法で施工する事で、シロアリ駆除の薬剤効果が長持ちします。

こまめなチェックで得られるメリット

シロアリは湿気等の条件が整ったらすぐに発生するため、新築から日が浅くても常に確認する必要があります。最近の住宅は気密性の高い住宅が多くなっていますが、気密性が高いからシロアリが侵入しにくい住宅ではないため、定期的に確認すると良いです。住宅内のシロアリ駆除を確実に実行するなら、新築から1年経過したら、毎年1回は薬剤散布を行うのが効果的です。薬剤効果は約1年しか持たないため、シロアリが大量発生する前にシロアリ駆除を行う事で、住宅内に住みつくシロアリを確実に追い払う事ができます。またこまめにシロアリ駆除を行う事で、住宅構造のバランスを保ち、木部や住宅設備の安全を守る事にも繋がるため、チェック体制を整える事が大切です。